資本主義社会に生きる

私を含む

満たされにくい●●●人々は

満たされぬ欲求を金に求める傾向が強い

なぜか?

現社会において 悩みの99%は金(カネ)で解決するからである。

それではその金とは何なのか?

ここではその根源的な思想、つまり考え方、しくみを
私なりの考えで述べたいと思う。

また、先に断わっておくが

この記事では具体的な経済の仕組みを記載するつもりはない

それはその道の専門家の方に聞くのが一番だろう

ここでは

もっと、もっと根源的な

現代社会の仕組みについて考察したいと思う。

貧富の差が生まれる仕組み

資本主義社会のカースト制度

カースト制度とは簡単に言うと身分制度だ。
まず☟の表を見てほしい。

富裕度[1~100]役回り人口密度[1~100]
70~100あらゆる資源
(人・物・金)の保持者
物=土地や情報
1~10
60~70企画者
(金塊の情報を発信する人)
10~30
30~50教育者
(金塊の堀かたを教える人)
30~50
0~50生徒
(金塊を掘りに行く人)
50~100

この表については事項で説明する。

金儲けの仕方[①]

———————————————————————
ある日、金儲けのニュースが話題になっています。[②]
なんでも、誰もが行ける小さな山の麓に
ありあまる金塊が埋まっているというのです。
しかもなんとこの金塊
掘って持ち帰ることは自由だそうです![④]
今回は無償で掘るための専用シャベルも提供され
効率のイイ掘り方を、無償で、レクチャーして下さるとの事です![③]
さぁ、みんな急ぎましょう!

———————————————————————

これが、上の表を示す
私が創造した架空の物語である。

おわかりになっただろうか?

つまりこういうことである。
文中の数字

[①]=あらゆる資源の保持者、創造者
[②]=金塊の情報を発信する人
[③]=金塊の堀り方を教える人
[④]=金塊を掘りに行く人

[①]は、この物語そのもの●●●●を保持する、または自ら造った●●●●●者である。
[②]は、物語保持者から情報を先取り●●●し、情報を発信する者である。
[③]は、[②]から得た情報を推測、または整理し、実労働者へ教育する●●●●者である。
(風が吹けばおけ屋が儲かるの原理原則を保持する者である。)
[④]は、[③]から方法を教わり実際に●●●金塊を掘りに行く者である。

これが金儲けの根源的な仕組みであり
根本的なからくりだ!

と、あくまで私の主観で書かせててもらった。

だが重要なのはここからだ

一昔前

まだ日本が戦時中だった頃は

労働環境など自分で選べるものでは(ほとんど)なかった。

そんな時代に比べての現代社会

誰もあなたに 金塊を掘りに行く人に成れ!と強制していない

生まれた環境、育った環境は人それぞれだ

だが 誰もあなたの行動を強制はできないのだ。

▼ 興味のある方は下記の書籍を読んでみると面白いかもしれない

見知らぬあなたの成功を応援する。
時間を割いて読んで頂きありがとうございました。
ちなみに私はまだ成功していない!!